1/35 WW供.▲瓮螢軍 車載アンテナ基部(MP-48)
型番 ANM-35033
定価 756円(税56円)
販売価格 756円(税56円)
購入数
Pack

第二次大戦から朝鮮戦争までの、多くのアメリカ軍車輌や

初期の自衛隊車輌でも使用されたアンテナシステムです。

 

システム構成は型式の呼称がMS-49、MS-50、MS-51、MS-52、MS-53、

となる5本の連結式アンテナ本体と、MP-48と型式呼称されるアンテナ基部の組み合わせになります。

アンテナ本体は1本=約1mで、搭載された無線機の種類や周波数などにより

連結本数(アンテナの全長)を変え、アンテナ基部にセットされていました。

 

今回は月刊アーマーモデリング誌で活躍中の高石誠氏の監修協力のもと、

実物を購入し正確に再現しています!

※「1/35 WW供.▲瓮螢軍アンテナ基部(MP-48)Setには、アンテナ部分は含まれません※

 

基部には実物同様にスプリングが仕込まれm半田線(同梱)を中心へ通す構造になっています。

そのため、実物の基部と同様に曲げて使用することが可能です!

また、細かい部分ですがスプリングも実物で使用されているのと同じ「左巻き」スプリングを

採用しています(一般的に日本では「右巻き」スプリング)

 

実車の再現を考えて取り付けが任意となるアンテナ部分は別売とさせていただきました。

M−4シャーマンからジープまで、使用範囲も実績も豊富で魅力的なアイテムとなるよう

開発いたしました。

ぜひ一度、お試し下さい!

 

ジープ用はこちら

 

詳しくはこちら
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける